調停に行く時の服装

初めて行く家庭裁判所。
どんな格好で行くのがいいのか?服装で判断されてしまうのか・・・
不安だと思います。

私も、調停に行く前に調べたらいろいろな情報があって、
結局何が正解なんだと検索魔になって時間が奪われてしまった過去があります。
なので、実体験をお伝えしようと思います。

東京家庭裁判所



私は家庭裁判所で調停中です。

東京家庭裁判を利用する方は参考としてご覧ください。

どうやら、家庭裁判所ごとに様子や雰囲気が異なっているようで、その場所にあわせた服装がベストだと思います。
代理人がついている方は、聞いちゃいましょう、それが一番早いです。

服装なんて影響しないかもしれませんが、
戦いに行くには、なるべく他のことを考えたくないので、
雰囲気に合わせておくのば無難です。

2021年5月の服装

家庭裁判所に行くと、壁にクールビズを実施している旨の掲示物がありました。

  • 女性
    • カジュアルな服装おおい
    • 色は控えめ
    • マスクの下は控えめメイク
    • スーツもちらほら(おそらく弁護士さん)
  • 男性
    • スーツが多い 7割くらい
    • オフィスカジュアル程度の服装の方も2割くらい
    • カジュアル 1割くらい

東京家庭裁判は人も多いので全く他人のことは気になりません。ですから、服装はなんでも良かったと思います。

私は事前に私の代理人である弁護士さんに確認して、
白いブラウスのパンツスタイル+スニーカ+リュックで行きました。

ちなみに私の代理人さんは、
めちゃくちゃカジュアルで、ブルーの半袖Tシャツ、ベージュチノパン+革靴+リュックでした。

結果、代理人の方とも服装ギャップがなく、よかったなと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました